太祖(読み)たいそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太祖
たいそ

(1) Patriarchs カトリックの用語としては,旧約聖書に記される人類の始祖たち,すなわち,大洪水以前のアダムからノアまでの 10人をさすが,より狭義にはイスラエルの始祖である族長たち,すなわち,アブラハムイサクヤコブ,およびヤコブの 12人の子に用いられる。なお原語は主要司教座の司教の称号に用いられるが,その場合は,総大司教 (総司教) と訳される。 (2) 初代の帝王,王朝の始祖。中国,朝鮮,ベトナムで用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいそ【太祖 Tài zǔ】

927‐976
中国,宋朝を開創した皇帝。姓は趙,名は匡胤(きよういん)。涿(たく)郡(河北省)の人。五代の武人趙弘殷の次子として洛陽の軍営で生まれた。後周世宗に重用され,禁軍(親衛隊)の総司令官である殿前都点検になった。959年(顕徳6),世宗が没して,わずか7歳の恭帝が後をついだが,それを不満とする禁軍将兵たちは,翌年正月,趙匡胤を皇帝に擁立した。彼は即位して国号を宋と定め,世宗が始めた中国統一の事業をひきつぎ,江南に割拠していた荆南,楚,南漢後蜀南唐をつぎつぎに征服して,唐末以来の分裂状態にほぼ終止符を打った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいそ【太祖】

中国・朝鮮・ベトナムなどで、王朝を興した初代の帝王の廟号びようごう。後梁の朱全忠、宋の趙匡胤ちようきよういん、明の朱元璋、朝鮮王朝の李成桂などに贈られた。
ある事業を興した人。元祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太祖
たいそ

中国前近代の廟号(びょうごう)の一つ。始祖の意であり、創業の君主を称する。北宋(ほくそう)の趙匡胤(ちょうきょういん)、明(みん)の朱元璋(しゅげんしょう)らが有名。かならずしも王朝の初代に限らず、たとえば三国魏(ぎ)は曹操(そうそう)を太祖にあてている。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太祖の関連情報