コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李昭道 りしょうどうLi Zhao-dao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李昭道
りしょうどう
Li Zhao-dao

中国,盛唐の画家。李思訓の子。字は希俊。将軍ではなかったが,父を大李将軍というのに対し小李将軍と呼ばれ,合せて二李といわれた。父の青緑山水画風を継承発展させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の李昭道の言及

【青緑山水】より

…北宋の米芾(べいふつ)の《画史》が金緑といい,南宋の鄧椿の《画継》が金碌というが,いずれも北宋末の山水画家王詵(おうしん)について述べられたものである。趙希は盛唐の画家李昭道が初めて金碧山水を描いたといい,敦煌の壁画の山水図などを考えあわせると,このころ金泥や石緑,石青を主用する華麗な山水画が成立したことが推測される。そのような山水画が,北宋末から南宋にかけて,王詵,趙令穣,趙伯駒,銭選らによって復古的に描かれるようになって,金碧山水という名称が生まれたのであろう。…

【李思訓】より

…没年は開元8年(720)の説もある。一族の中に画をよくする者が多く,特に子の李昭道は海図で知られ,父の大李将軍に対して小李将軍と呼ばれた。画は山水・樹石を得意とし,その青緑の着色山水画をもって,後世の南北宗論において,北宗(ほくしゆう)の始祖とされた。…

※「李昭道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李昭道の関連キーワード隋・唐の美術北宗画山水画趙伯駒

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android