コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足切り アシキリ

デジタル大辞泉の解説

あし‐きり【足切り】

[名](スル)
子供の遊びの一。二人の足切り役が棒または綱の端を持って1列縦隊の前から後へ走る。列の者はひっかからないよう飛び上がって避ける。ひっかかった者は代わって足切り役となる。
選抜試験などで、一定の基準に達しない者を、予備試験などにより切り捨てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしきり【足切り】

子供の遊戯の一。二人の足切り役が竹棒または綱を膝の高さに持って、縦に一列に並んだ子供たちの列を前から後ろへ走り抜け、列の者は跳び上がってこれを避ける遊び。
選抜試験などで受験者が多い時、その成績が一定基準に達しない者を切り捨てること。本試験の前の予備的な試験で行うことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足切りの関連キーワード本試験肉刑五刑成績遊戯

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足切りの関連情報