コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利県立自然公園 あしかがけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利県立自然公園
あしかがけんりつしぜんこうえん

栃木県南西部,足利市北西部の自然公園。面積 13.20km2。 1956年指定。地域は 100~500mの丘陵地帯で絶好のハイキングコース。厳島神社境内の名草巨石群 (天然記念物) ,行道山浄因寺,月見ヶ丘の織姫神社などがおもな名所。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の足利県立自然公園の言及

【足尾山地】より

…太平山は平野に臨んで起伏に富み,陸の松島といわれ,唐沢山は藤原秀郷の居城があったところで,眺望〈13州に及ぶ〉といわれる。足利県立自然公園は織物の町足利市北方の丘陵性の山地にあり,関東高野山の別名がある行道山浄因寺,天然記念物の名草の巨石群などの名所が多い。【平山 光衛】。…

※「足利県立自然公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足利県立自然公園の関連キーワード足利(市)足尾山地

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android