足痛(読み)ソクツウ

精選版 日本国語大辞典の解説

あし‐ひ・く【足痛】

〘自カ四〙 に病を持つ。足をわずらっている。
万葉(8C後)一・一二八「わが聞きしに好く似る葦のうれの足痛(あしひく)わが背勤めたぶべし」
[補注]万葉例、「あなえぐ」「あなやむ」などと訓む説もある。

そく‐つう【足痛】

〘名〙 あしのいたみ。脚痛。
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保六年(1835)一月一一日「且、老婆はしもつけをとがめ、足痛にて、一歩も運動いたしがたく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足痛の関連情報