コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴返し けかえし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蹴返し
けかえし

相撲の決まり手の一つ。四つ身上体から,左 (右) 足で,相手の左 (右) 足首あたりを内側から蹴りながら,相手の腕をたぐって前へ落とす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

け‐かえし〔‐かへし〕【蹴返し】

相撲のきまり手の一。相手のくるぶしのあたりを内側から外へけりながら手を引くか、はたき込んで倒す技。
歩くとき、着物の裾が返ること。また、返ったときに見える裏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けかえし【蹴返し】

相撲の決まり手の一。相手の足のくるぶしのあたりを内から外に蹴り、同時に前にはたいて倒す技。
歩くときに着物の裾すそが返ること。また、返って見える裏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蹴返しの関連キーワード網打ち相撲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蹴返しの関連情報