コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決まり手 きまりて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

決まり手
きまりて

相撲で勝負がついたときの,勝った側からみた決まり技。その昔,土俵を設けるまでは「投げ手」「掛け手」「そり手」「ひねり手」各 12の技があって四十八手とされていたが,土俵が設けられてから,土俵の外へ出す技も加わり「押し出し」「突き出し」「寄り切り」などができた。日本相撲協会は 1960年に 70手を制定,2000年 12手が追加され 82手となった。決まり手でない決まり手としては,勢い余って土俵外に相手より先につま先を出す「勇み足」と,相手が何もしないのに自分の腰が砕けて負けになる「腰砕け」がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

決まり手

大相撲の決まり手はかつて、投げ、掛け、ひねり、反りの4分類を基本に48手といわれた。現在、相撲協会が制定しているのは82手(ほかに非技の5手)。決まり手は寄り切り、押し出しが大半を占め、近年は叩(はた)き込み、引き落とし、送り出しといった、力士の大型化に伴いバランスを崩して決まる技が増える一方で、吊り出しや、うっちゃりなどポピュラーだった決まり手が減少の傾向にある。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

決まり手

四十八手といわれるのは、まだ土俵がなかった明治以前の決まり手で、寄り切り、押し出しなどはない。二〇〇三年現在、日本相撲協会が制定しているのは八十二手。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

決まり手の関連キーワード巻き落とし・捲き落とし・巻き落し・捲き落し吊り落とし・吊り落し素首落とし・素首落し押し倒し・押倒し寄り倒し・寄倒し突き倒し・突倒し寄り切り・寄切り下手出し投げ外掛け・外掛上手出し投げとっくり投げ合掌ひねりすくい投げ一本背負いちょん掛け逆とったり下手ひねり浴びせ倒し巻き落とし切り返し

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

決まり手の関連情報