躙・躪(読み)にじる

精選版 日本国語大辞典「躙・躪」の解説

にじ・る【躙・躪】

[1] 〘自ラ五(四)〙
① ひざを押しつけるようにして、じりじりと動く。すわったかっこうで少しずつ動く。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)一四「座をにしりて我酒のあいてになりさうな物のまへによるぞ」
② 少し動く。位置がずれる。
※咄本・夕涼新話集(1776)一「先日の灸点とはすこしにじってござる」
[2] 〘他ラ五(四)〙
① 押しつけてねじまわす。また、踏みつけてすりまわす。じりじりと押しつぶす。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※俳諧・類船集(1676)仁「あせぼのはだへに白粉をにしり」
② 罪、責任などを押しつける。なすりつける。
※咄本・軽口若夷(1742)四「ていしゅおならをせられければ〈〉いまのはそなたであった、いいやこなさんじゃと、にぢりあひしが」
潮干狩で、泥中のはまぐりなどを足で踏み捜して取る。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「住よし参(まゐり)浪にぬらすな 蛤を磯立ならしにじるとて〈重安〉」

にじり【躙・躪】

〘名〙 (動詞「にじる(躙)」の連用形名詞化)
① じりじり動くこと。
② 「にじりぐち(躙口)」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android