コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮干狩(り) シオヒガリ

3件 の用語解説(潮干狩(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しおひ‐がり〔しほひ‐〕【潮干狩(り)】

潮の引いた海浜で、貝などをとる遊び。春の大潮の時を最適とする。しおひ。 春》「―潮の流に板渡す/虚子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

潮干狩【しおひがり】

干潮の浜に出て貝類などをとって遊ぶこと。とくに旧暦3月3日ごろの大潮の時は干満の差が大きく,行楽には絶好で,江戸時代から各地の海岸は潮干狩の人びとでにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮干狩
しおひがり

干潮のとき、干潟に下り立って貝類や小魚をとって遊ぶこと。とくに潮差が大きく干潟の広く出る太平洋沿岸、瀬戸内や九州北・西岸で行われる。家族連れの行楽として、特定の日はないが、気候もよい旧暦3月ごろの大潮のときがもっとも好い時期とされている。後ろに都会を控えている東京湾や大阪湾の遠浅の浜辺は、江戸時代から多くの人々でにぎわい、都会人の春の行楽の一つに数えられている。しかしそれ以外の地では単なる行楽ではなく、古い信仰を背景にした年中行事一つとして、旧暦3月3日には連れだって海浜に遊び、飲食をともにすべきだと考えている所が少なくない。沖縄地方では旧暦3月3日をハマウリ(浜下り)とかサニツ(三日)などといい、主として女性が馳走(ちそう)を持って浜辺に出て遊び暮らすが、その由来として、かつて蛇と契って妊娠した娘が、この日、海砂を踏んでアカマタ(斑蛇(まだらへび))の子を流産して事なきを得たという昔話「蛇聟入(へびむこいり)」系統の話を伝えている。この由来譚(たん)が流布しているので女性中心の行事のようになっているが、沖縄でも男女を問わず行う所もあり、浜辺では波頭を3回すくって手や顔を洗う例のあることなどから、野外において身の穢(けがれ)を清める禊(みそぎ)の意味をもつ行事だといえよう。奄美(あまみ)でも老若男女が浜辺に出て飲食をともにするが、この日には海の魚・貝類を鍋(なべ)に入れて食べなければ、耳が聞こえなくなるとか、一年中魚にありつけなくなるなどといって、潮干狩に出かける。やはり遊楽を越えて、どうしても海辺に下りなければならないという心意がうかがえるものである。九州地方北西の沿岸部でも、磯(いそ)遊びといって、重箱にいろいろな馳走を詰めて海辺に出て大掛りな共同飲食をする所が多い。山口県の瀬戸内海沿岸では「節供潮」とか「節供の磯遊び」といって、潮干狩をしたり船を用意して沖合いに出て1日を遊び暮らすが、この日を磯の口明けの日として貝や海藻類をとり始める所もあった。静岡県伊豆半島でも、明治時代には、浦々の若者が酒肴(しゅこう)を用意して船を漕(こ)ぎ出し、大瀬明神の岬の磯に出て終日遊び暮らしたというし、宮城県牡鹿(おしか)半島にも、磯祭りといって女性が浜に集まって草餅(くさもち)などを食べて遊ぶ風があったというから、旧暦3月3日に海辺に下り立って共同飲食をして1日を暮らす風は、全国の広い範囲に及んでいたことがわかる。またこの日の雛祭(ひなまつり)には貝類を供えるべきだと考えている所は多く、農山村部ではそれをタニシで代替している例の少なくないのは、浜下りのできない所にもこの風の一端が波及している例といえるであろう。浜下りだけでなく、この日には山遊びといって互いに誘い合い、近くの小高い山へ登って持参した弁当を分け合って食べ遊ぶことも全国的に行われており、これは時期的にみて都会の花見に通じる行事である。さらに何人かが連れだって川原へ出、石ころで簡単なかまどを築いて煮炊きをし、共同で食べて1日遊んでくるのを習いとしている所も各地にある。
 以上のようにみてくると、旧暦3月3日は、海辺だけでなく山野や川原など、とにかく戸外に打ちそろって出かけ、共同飲食などして終日暮らさなければならない日と考えられていたことがわかる。全国的に3月3日に特定したのは、暦の影響や節供の知識に基づくのであろうが、いずれにしても、古くから、このころに家にいることを危険とする伝承が各地にあったのである。このように、今日でもなお人気のある潮干狩は、古い信仰を基底にもつ野外行事としての浜下り・磯遊びに連なるものであり、それが都会において春の遊楽として定着したものといえよう。[田中宣一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮干狩(り)の関連キーワード川遊び登楼野遊び野遊山爬具盤遊水遊び野遊川逍遥傾城買い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone