コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咄本 はなしぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咄本
はなしぼん

笑話や小咄を集めた本。噺本とも書く。江戸時代全般を通じて盛んに出版された。初期の『昨日 (きのう) は今日の物語』『醒睡笑 (せいすいしょう) 』などは,大名や貴族の御伽 (おとぎ) 衆が関係し,話も武家や僧侶を扱ったものが多かった。しかし,これらが庶民向けの笑話の流行を促し,天和 (1681~84) 頃から職業的な咄家として露の五郎兵衛,鹿野武左衛門らが現れ,軽口咄が流行した。咄本はこれら舌耕文芸としての咄と密接な関係をもち,のちには作者も題材も庶民階級のものとなった。天明年間 (1781~89) には烏亭焉馬 (うていえんば) を中心に「咄の会」が結成され,そこから多くの江戸好みの咄本が刊行されて咄本の全盛期を招き,その間滑稽本の隆盛を導いた。五郎兵衛の『軽口露がはなし』,武左衛門の『鹿野武左衛門口伝咄』,『鹿の巻筆』 (1687) ,木室卯雲 (ぼううん) の『鹿の子餅』 (1772) ,焉馬の『無事志有意 (ぶじしゅうい) 』 (98) などに代表される。 (→江戸小咄 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の咄本の言及

【噺本】より

…江戸時代の庶民文芸の一種で,短い笑話を集めた本。咄本とも書き,軽口(かるくち)本ともいう。江戸時代を通じて1000余種も刊行され,数万にのぼる笑話が紹介された。…

※「咄本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

咄本の関連キーワード鹿の子餅・鹿の子餠犬子・犬児・狗児是非に及ばず総様・総容怪顛・怪顚公界知らずさもとらし鯛の味噌津薬缶・薬鑵てくろ物若衆狂ひ人物臭し厳い世話ひこひこ往にし頃生写し羽繕い頭下し此の後家渡り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

咄本の関連情報