コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身網 ミアミ

デジタル大辞泉の解説

み‐あみ【身網】

定置の主となる部分で、垣網によって導かれた魚群を囲う袋状の網。囲い網。胴網。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みあみ【身網】

網漁具の主体をなす部分。建て網では囲い網あるいは袋網を、引き網では袋網部を特にさすこともある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の身網の言及

【建網】より

…これは産卵・索餌のため回遊する魚群は,それぞれ,接岸の場所・時期がきまっているので,その習性を利用して網を建てるのである。その構造は,沖合にむけて垣網(かきあみ)をはり出して魚群の進路をたちきり,この網に当たった魚を沖合にむけ誘導し,垣網のさきに設けられた身網(みあみ)(囊網(ふくろあみ))へおとしいれるしくみになっている。錨や土俵で海中にがんじょうに固定設置され,2~3ヵ月から1ヵ年近くも建て込んだままおかれる。…

※「身網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

身網の関連キーワードネットホーラー定置網漁業免許漁業縫切り網日高亀市定置網大謀網大敷網筧網漁具桝網角網坪網枡網建網袋網台網

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android