コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚群 ギョグン

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐ぐん【魚群】

魚の群れ

な‐むら【魚群】

海中のの群れ。ぎょぐん。なぶら。→鳥山

な‐ぶら【群】

なむら(魚群)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょぐん【魚群】

魚のむれ。

なむら【魚群】

海中の魚群。なぶら。なぐら。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚群
ぎょぐん

魚の集団、つまり魚の群れのこと。魚群の特徴は同一魚種のほぼ同一体長の個体からなり、各個体は、遊泳方向、速度、間隔について統制のとれた行動をしている。魚が群れをつくるときに関与する感覚は、視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)あるいは機械的感覚などがあるが、もっとも重要な感覚は視覚であるといわれている。視覚が群れ形成に関与していることは各種の実験から知られている。魚のいる水槽に鏡を入れると、鏡を入れないときと異なって、鏡の部分に魚が多く集まること(鏡反応)、また、視神経を切断された魚は、ほかの正常な同種の魚が群泳するなかにあって、これらと行動をともにしないことからも確かめられている。魚が群れをつくる意義は、防衛効果、エネルギー保持、相利共生作用などいろいろな説が提起されているが、多くの特性が合成されたものであると考えられている。
 群の大きさは成長段階、季節的あるいは海洋環境などによって変化し、つねに一定の状態を保っているわけではない。漁業にとって魚群をすばやく発見することは非常に重要なことであり、魚群探知機の発達で、魚群の発見は比較的容易に行うことができるようになったが、魚種によっては目視による方法も効果的である。魚群の遊泳層や魚群の密度によって海面が「白み」「赤み」「黒み」などとよばれる群色を呈する。また、海面がさざ波をたてる「せり」、魚が海面を跳ねる「はね」、水面が盛り上がる「わき」、魚が風波を打ち消し凪(なぎ)をつくる「水持ち」、魚群の遊泳に刺激を受けて夜光虫などが発光する「ひき」などの現象が現れる。さらに島や岩礁につくもの、流木やクジラ、サメなどにつくものなど、魚群の性状によっていろいろ区分されている。[吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

魚群の関連キーワード巻き刺し網・巻刺し網巻き網・巻網・旋網揚繰り網・揚繰網水中超音波機器SONARまき網漁業湧き・涌き水中聴音機音響測深儀群れ飛ぶ鳥付き群飼付け漁ソノブイDSL定置網落し網底引網流し網被せ網餌付き

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚群の関連情報