コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車宿り クルマヤドリ

デジタル大辞泉の解説

くるま‐やどり【車宿り】

貴族の邸内や社寺の境内などに設置していた、牛車(ぎっしゃ)を収納する建物。
外出のとき、牛車を止めて休息する建物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くるまやどり【車宿り】

貴族の屋敷で、中門の外につくられた牛車ぎつしやや輿こしを入れておく建物。
外出の折、一時、牛車などを寄せて立ち寄る所。休憩用の別宅。 「中川に某阿闍梨といふ人の-に渡らせ給ひて/栄花 鳥辺野

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

車宿りの関連キーワード馬留め社寺邸内

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android