コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車裂き クルマザキ

大辞林 第三版の解説

くるまざき【車裂き】

鎌倉・室町時代の刑罰の一。二台の車に罪人の足を片方ずつ縛りつけ、それぞれの車を反対方向に走らせて体を引き裂くもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

車裂きの関連キーワードコールハーゼカラス事件室町時代カタリナヒアスル室町商鞅罪人片方鎌倉轘裂

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android