コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車軸税 しゃじくぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車軸税
しゃじくぜい

自動車の車軸あたり重量 (軸重) に応じて賦課される税。日本では未設定。道路建設・維持の費用はその利用に則して徴収されるべきであるとの考え方の一環として,車両による道路破損度 (軸重に比例する) に応じても税率に差を設けようとするもの。アメリカの AASHTO(American Association of State Highway and Transportation Officials)の道路テストでは,破損度は軸重の増加率の4乗に,またイギリス政府の実験では6乗に比例するとの結果が得られている。フランスなどではこれらの実験結果を参考として車軸税が採用されており,各国でもその導入が検討されつつある。 (→自動車関係諸税 , 自動車重量税 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android