コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車両/車輛 シャリョウ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐りょう〔‐リヤウ〕【車両/車×輛】

車輪のついた乗り物の総称。また、特に汽車・電車など鉄道の貨車・客車。「前の―がすいている」「―故障」「大型―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

車両【しゃりょう】

一般には鉄道車両,工場構内などで使用する産業車両,および道路上を走る一切の車をいう。道路交通法では自動車原動機付自転車,軽車両,トロリーバスをさし,このうち軽車両とは自転車,荷車その他人や動物または他の車両にけん引され,レールによらないで運転する車(そり,牛馬を含む)で,身体障害者用の車いす,小児車を除くもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車両
しゃりょう
vehicle

鉄道車両および道路上を走る車の総称。鉄道車両は、かつては日本国有鉄道建設規程および地方鉄道建設規程により、1987年(昭和62)の国鉄分割・民営化以降は普通鉄道構造規則により、運転保安上かならず具備しなければならない車両の構造を詳しく規定している。
 道路上の車両については、道路交通法において、自動車、原動機付自転車、軽車両およびトロリーバスをいう、とされている。このうち軽車両とは、自転車、荷車そのほか人もしくは動物の力により、または他の車両に牽引(けんいん)され、レールによらないで運転する車(そり、牛馬を含む)であり、身体障害者用の車椅子(いす)および小児用の車以外のものをいっている。[西尾源太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の車両/車輛の言及

【車】より

…この言葉は2通りの意味で使われる。一つは車輪wheelの意味,もう一つは車輪で動く乗物一般,つまり車両vehicleの意味である。
【車輪の歴史】
 車輪は回転運動装置のうちでは最も代表的なもので,その発達はろくろ旋盤ドリル水車風車などの歴史と密接なかかわりをもっていたと思われる。…

※「車両/車輛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

車両/車輛の関連キーワード自動速度取り締まり装置(オービス)wrapping carニューヨークのタクシー車両価額協定保険特約salon carさんりくしおさい自動車登録番号標車両価額協定特約さんりくしおかぜへいちく浪漫号イエローキャブディーゼルカー道路運送車両法鉄道車両工業スノープラウ覆面パトカー鉄道連絡船N700S料率クラス自動連結器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android