一環(読み)いっかん

精選版 日本国語大辞典「一環」の解説

いっ‐かん ‥クヮン【一環】

〘名〙
① 鎖などつながっている輪のうちの一つ。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「一環の臂墨(〈注〉いれずみ)、掩ふ所有るが若く」
② 全体的なつながりをもっている物事の一部分。
※中野重治論‐息子の拒否権(1947)〈荒正人〉「『十月革命』やその小さい一環であった父さんたちのプロレタリア文学運動の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一環」の解説

いっ‐かん〔‐クワン〕【一環】

鎖などの一つの輪。
互いに密接な関係をもつものの一部分。全体の一部分。「記念行事の一環として」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android