一環(読み)いっかん

精選版 日本国語大辞典 「一環」の意味・読み・例文・類語

いっ‐かん ‥クヮン【一環】

〘名〙
① 鎖などつながっている輪のうち一つ
江戸繁昌記(1832‐36)二「一環の臂墨(〈注〉いれずみ)、掩ふ所有るが若く」
全体的なつながりをもっている物事一部分
※中野重治論‐息子拒否権(1947)〈荒正人〉「『十月革命』やその小さい一環であった父さんたちのプロレタリア文学運動の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「一環」の意味・読み・例文・類語

いっ‐かん〔‐クワン〕【一環】

鎖などの一つの輪。
互いに密接な関係をもつものの一部分。全体の一部分。「記念行事の一環として」
[類語]一端一方片方片一方片割れ他方一面半面他面側面片側片面片端一半片鱗一面的一方的サイド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android