コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一環 イッカン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐かん〔‐クワン〕【一環】

鎖などの一つの輪。
互いに密接な関係をもつものの一部分。全体の一部分。「記念行事の一環として」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっかん【一環】

〔鎖などつながっているもののうちの一つの輪の意から〕
互いにつながりをもつ多くの事柄の中の一つ。 「都市計画の-として公園をつくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一環の関連キーワードプラクティカル・トレーニング(Practical Training)統合型マーケティング・コミュニケーショントヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーンcorporate colour全国ごみ不法投棄監視ウィークボディーペインティングリラクゼーション外来はたさくらまんじゅう総合福祉団体定期保険ADAMSクリニクラウンの日ヘッドハンティングプレシーズンマッチ日本書籍出版協会リマインドメールCOEプログラム武蔵丘陵森林公園更生保護事業法Koi日本特別基金

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一環の関連情報