転ぬ先の杖(読み)ころばぬさきのつえ

精選版 日本国語大辞典の解説

ころば【転】 ぬ 先(さき)の杖(つえ)

(つまずいてころぶ前にあらかじめ杖をつく意から) 事前に注意していれば失敗することがないということ。こけぬ先に杖突こ。
※浄瑠璃・伊賀越道中双六(1783)八「此様に意見するも、転(コロ)ばぬ先の杖とやら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android