コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転び寝 コロビネ

3件 の用語解説(転び寝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころび‐ね【転び寝】

着たままで床を取らずに寝ること。ごろね。うたたね。かりね。
男女がひそかに肉体関係をもつこと。私通。
「不斗(ふと)した生麦の―からひに増し御恩が深くなり」〈和田定節・春雨文庫〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころびね【転び寝】

ごろ寝。うたた寝。仮寝。
私通。野合。 「これござれ、抱いて-、おもしろいぞ/浄瑠璃・博多小女郎

まろびね【転び寝】

うたたね。ごろね。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone