御恩(読み)ごおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「御恩」の解説

御恩
ごおん

鎌倉幕府御家人に所領,所職を新たに給与したり,それまで保有していた所領,所職を安堵することを御恩と称した。主君から御恩を受けた御家人は,主君に対して奉公をもって報いる義務があり,この御恩奉公の双務的関係が,鎌倉御家人制度の根幹となった。その後この御恩奉公の関係は主君と臣下の間における封建制度を維持するための封建道徳として固定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「御恩」の解説

ご‐おん【御恩】

〘名〙
① (「ご」は接頭語) ある人を敬って、その人から受ける恩をいう語。
※百座法談(1110)三月九日「いかでか御恩は報じやり侍」
② 恩賞を給与すること。また、与えられた恩賞。御恩地
平家(13C前)一二「はやはや御頸を給はって、鎌倉殿の見参にいれて御恩蒙り給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御恩」の解説

ご‐おん【御恩】

他人を敬って、その人から受ける恩をいう語。「ご恩をこうむる」
封建社会で、主君が臣下に対して与える恩恵。具体的には所領や種々のしきを給与される。→奉公ほうこう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御恩の言及

【御恩・奉公】より

…源氏の家長とその譜代の家人である東国武士との間の私的な主従関係が鎌倉幕府の成立により鎌倉殿(将軍)と御家人間の半ば公的な主従関係となる。この場合鎌倉殿の御恩とは,守護・地頭職の補任,所領の給与(恩領という),相伝私領の確認(本領安堵という),朝廷に対する官位の推薦,所領相論に際して領家の非法よりの保護等であり,御家人の奉公とは戦陣に臨んで身命を捨てて忠勤をはげむことを第1に,平時の軍役たる京都大番役鎌倉大番役,篝屋(かがりや)番役,警固役,供奉随兵役等,そして関東公事(くうじ)とよばれる将軍御所修造役等数々の経済的負担等であった。これらを総称して御家人役という。…

【御家人】より

…とくに西国の場合,荘園領主は荘官らが御家人となり二重の支配関係に入るのを忌嫌,紛糾したので,頼朝も1192年(建久3)ころには御家人となることを望まぬものは非御家人として区別し,御家人のみに諸役を負担させることにした。御家人は守護職,地頭職等の所職に補任され,働きに応じて本領を安堵されるほか,所領を与えられ(新恩),朝廷への官位の推薦をうけ,裁判等の際にも保護が加えられるなど恩恵が施された(御恩という)が,非御家人はこれらの恩典の対象外とされた。御恩に対する奉公として御家人は戦時には軍陣に臨んで忠勤を励み,平時でも京都大番役鎌倉大番役,在京篝屋(かがりや)番役,異国警固番役,供奉随兵役等の軍役を務め,経済上の負担(関東公事(くうじ))として将軍御所修造用途,寺社修造祭礼用途,流人官食等が定められていた。…

【奉公人】より

…平安時代後期以来,武士の封建的主従関係は,主人の従者に対する所領給与=〈御恩〉と,従者の主人に対する軍事的勤務=〈奉公〉という関係によって成立していたが,本来奉公人とは,武士のこの主従関係における従者をさし,主君に対する家臣の意味である。奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。…

※「御恩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android