コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かり カリ

デジタル大辞泉の解説

かり[助動]

[助動][○|○|かり|○|○|○]《助動詞「けり」にあたる上代東国方言》用言や助動詞の連用形に付いて、回想・詠嘆の意を表す。…たなあ。
「旅とへど真旅(またび)になりぬ家の妹(も)が着せし衣に垢(あか)付きにかり」〈・四三八八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かり

( 助動 )
助動詞「けり」の上代東国方言。 「家の妹が着せし衣に垢あか付きにかり/万葉集 4388」 〔終止形しか用例がみられない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かりの関連キーワード刈り穂の庵・刈穂の庵・苅り穂の庵・苅穂の庵柄秤・権衡・唐秤正遷宮・上遷宮狩人・猟人雁の使ひ仮殿遷宮大和掛り終止形仕掛品狩人蜂京掛り雁金町雁食い助動詞刈り生正遷宮仮屋仮免猟師野雁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かりの関連情報