コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うたたね うたたね

大辞林 第三版の解説

うたたね

日記。一巻。阿仏尼あぶつに 作。鎌倉中期、作者一八、九歳頃の作といわれる。ある青年貴族との短い恋愛の顚末と恋に傷ついた作者自身の姿を描いた、自伝小説風の回想記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

うたたね

鎌倉前期の日記紀行文学。阿仏尼の推定18〜19歳時の著。若い貴族との恋に破れ,雨の夜中を出奔桂女(かつらめ)に導かれて西山尼寺に至り,剃髪。幾度か住居を変えたのち,養父平度繁(たいらののりしげ)に伴って遠江(とおとうみ)へ下り,1ヵ月滞在の後,帰洛するまでの2年ほどの回想である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

うたたねの関連キーワード市川 雷蔵(8代目)木村伊兵衛写真賞苅萱桑門筑紫𨏍中西派一刀流言ひ白け源氏物語日記文学垂乳根の白井亨片眠り転び寝荒ぶよりてき仮睡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うたたねの関連情報