転手・伝手・点手(読み)てんじゅ

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐じゅ【転手・伝手・点手】

〘名〙 琵琶や三味線などの弦楽器で、棹(さお)の頭部に横から差し込んで、弦を巻きつけておく棒。これをしめたりゆるめたりして音の調子を定める。転軫(てんじん)。天柱(てんじ)
※二十巻本和名抄(934頃)四「琵琶 撥附 兼名苑云琵琶〈略〉琵琶撥〈〈略〉転手者如琴軫者也〉」
※平家(13C前)七「てんじゅをねぢて秘曲を君にさづけ奉る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android