コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天柱 テンジ

4件 の用語解説(天柱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐じ〔‐ぢ〕【天柱】

転手(てんじゅ)」に同じ。

てん‐ちゅう【天柱】

中国の神話で、天を支えているという柱。世を支えている道義のたとえ。→地維(ちい)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんちゅう【天柱 tiān zhù】

中国の神話,伝説において,天は大地の四方の果てにある柱によって支えられ,逆に大地は天に結ばれた4本の維(い)(太い綱)によってぶらさげられていると考えられた。《淮南子(えなんじ)》は,太古,共工が顓頊(せんぎよく)と帝になることを争って敗れると,腹を立てて不周山にぶつかり,天柱が折れ,地維が切れて,大地が東南に傾いた。その結果,大地の東南の部分が海となり,天下の川はすべてそこに注ぐのだという。また山岳が天柱だともされ,とくに崑崙山が世界の中央に位置して,天を支える柱となっており,天上,地上,地下の三つの世界がそこで結合しているとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちゅう【天柱】

中国古代の説話で、天を支えているという柱。また、世を支える道義のたとえ。 → 地維ちい

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天柱の関連情報