コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽巡 けいじゅん

世界大百科事典内の軽巡の言及

【巡洋艦】より

…第2次大戦前には巡戦の名は廃れ,高速戦艦に移行していった。一方,本来の任務に加えて艦隊決戦にも参加できるような高速で魚雷装備を強化した軽巡洋艦(軽巡,約3500~7500トン)が防護巡洋艦に代わって登場した。この型は第1次大戦前にイギリス,ドイツなどで多数建造され,タービン機関の採用,連装魚雷発射管の装備,偵察機の搭載などによって著しく高性能化された。…

※「軽巡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軽巡の関連キーワード神器 軍艦「橿原」殺人事件フォークランド諸島沖海戦ロンドン海軍軍縮会議ガダルカナルの戦いインディペンデンス阿賀野型軽巡洋艦チャレンジャー号ユトランド沖海戦長良型軽巡洋艦ペールギュントジークフリート球磨型軽巡洋艦那珂型軽巡洋艦天竜型軽巡洋艦利根型重巡洋艦台湾沖航空戦グローリアスカレイジャスファルメル真珠湾攻撃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android