コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北杜夫 きたもりお

6件 の用語解説(北杜夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北杜夫
きたもりお

[生]1927.5.1. 東京,東京
[没]2011.10.24. 東京
作家。本名は斎藤宗吉。歌人斎藤茂吉の二男として生まれ,東北大学医学部を卒業後,慶應義塾大学病院助手を経て長兄経営の斎藤神経科病院に勤務,かたわら小説の執筆を行ない,ナチス支配下のドイツ精神科医の悲劇を描いた『夜と霧の隅で』(1960)で芥川賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

北杜夫

作家、エッセイスト。本名は斎藤宗吉。1927年5月1日東京生まれ。父は歌人・斎藤茂吉。母は日本人女性で初めて南極を旅した旅行家・斎藤輝子。兄は精神科医でエッセイストの斎藤茂太。娘はエッセイストの斎藤由香。
旧制松本高校、東北大学医学部を卒業。慶応義塾大学病院助手を経て精神科医を務めながら、同人誌「文芸首都」を拠点に小説を発表した。60年、水産庁の調査船に船医として乗船した体験を描いた『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーになる。また、同年、ナチス政権下のドイツにおける精神科医の抵抗を描いた『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞した。
64年、長編小説楡家の人びと』を刊行し、三島由紀夫に「戦後に書かれたもっとも重要な小説の一つ」と高く評価された。この他、『白きたおやかな峰』『酔いどれ船』などの純文学作品を発表する一方で、『どくとるマンボウシリーズや、『さびしい王様』に代表されるユーモア作品も著している。また、『マンボウ 阪神狂時代』を発表するなど大の阪神ファンとしても知られた。
96年に日本芸術院会員となる。98年、父斎藤茂吉の評伝4部作『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』『茂吉晩年』が完結し、大佛次郎賞を受賞した。
私生活では、40歳のときに躁うつ病を発症。その様子は『マンボウ恐妻記』などのエッセーでユーモアを交えて描かれている。
2011年10月24日、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きた‐もりお〔‐もりを〕【北杜夫】

[1927~2011]小説家・精神科医。東京の生まれ。本名、斎藤宗吉。斎藤茂吉の次男。「夜と霧の隅で」で芥川賞受賞。船医の体験をユーモラスに描いた「どくとるマンボウ航海記」がベストセラーとなり、この「どくとるマンボウ」シリーズで、多くのファンを獲得。他に「楡家(にれけ)の人びと」、父茂吉の評伝四部作「青年茂吉」「壮年茂吉」「茂吉彷徨」「茂吉晩年」など。芸術院会員。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北杜夫【きたもりお】

小説家,エッセイスト。本名斎藤宗吉。斎藤茂吉・輝子の次男として,東京都港区南青山生まれる。旧制松本高校から東北大学医学部卒業。医学博士(精神医学)。1960年,《夜と霧の隅で》(新潮社)で,第43回芥川賞受賞。
→関連項目斎藤茂太斎藤茂吉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北杜夫 きた-もりお

1927-2011 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和2年5月1日生まれ。斎藤茂吉斎藤輝子の次男。斎藤茂太の弟。東北大医学部を卒業し,精神科医となる。昭和35年船医の体験をかいた「どくとるマンボウ航海記」がベストセラーになる。同年「夜と霧の隅で」で芥川賞。39年斎藤家3代をえがいた「楡(にれ)家の人びと」で毎日出版文化賞。平成8年芸術院会員。10年「青年茂吉」以下の茂吉評伝四部作で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成23年10月24日死去。84歳。東京出身。本名は宗吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北杜夫
きたもりお
(1927―2011)

小説家。本名斎藤宗吉。昭和2年5月1日、東京に生まれる。歌人斎藤茂吉の次男。旧制松本高校を経て東北大学医学部に進学、精神科専攻。1952年(昭和27)卒業。在学中に書いた『百蛾譜(ひゃくがふ)』(1949)が『文芸首都』に載り、続いて『牧神の午後』(1951)などを発表、さらに幼少年期の追憶を幻想風に昇華した長編『幽霊』(1954)を刊行する。その後『岩尾根にて』『霊媒のいる町』(ともに1956)などの佳編で注目される。1960年、船医の体験を、ユーモラスな文体に生かした『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーとなった。その後、『どくとるマンボウ昆虫記』(1961)、『同途中下車』(1967)、『同青春記』(1968)などを著し、この「どくとるマンボウ」シリーズで、多くの北杜夫ファンを獲得した。芥川(あくたがわ)賞を受けた『夜と霧の隅で』(1960)により地位を確立。また楡(にれ)病院を舞台に明治から昭和までの中流一家の歴史を描いた『楡家の人びと』(1964)で毎日出版文化賞を受賞。長編『白きたおやかな峰』(1966)、『酔いどれ船』(1972)のほか、『輝ける碧(あお)き空の下で』第1部、第2部(1982、1986。日本文学大賞)などの作品がある。また、父の斎藤茂吉の生涯を題材にした作品『青年茂吉』(1991)、『壮年茂吉』(1993)、『茂吉彷徨(ほうこう)』(1996)、『茂吉晩年』(1998)の四部作を刊行。これは、大仏(おさらぎ)次郎賞に輝いた。[金子昌夫]
『『北杜夫全集』全15巻(1976~1977・新潮社) ▽『どくとるマンボウ航海記』(中公文庫) ▽『楡家の人びと』上下(新潮文庫) ▽『輝ける碧き空の下で』第1~2部全4冊(新潮文庫) ▽『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』『茂吉晩年』(岩波現代文庫) ▽奥野健男著『北杜夫の文学世界』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北杜夫の言及

【斎藤茂吉】より

…53年70歳の生涯を閉じたが,17冊の歌集,多数の歌論・研究・随筆書を残した。医師で評論家の茂太は長男,作家の北杜夫は次男である。〈最上川逆白波(さかしらなみ)のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも〉(《白き山》)。…

※「北杜夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

北杜夫の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北杜夫の関連情報