コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽巡洋艦 けいじゅんようかんlight cruiser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽巡洋艦
けいじゅんようかん
light cruiser

1930年のロンドン海軍軍備制限条約では,排水量1万t以下,速度 20kn以上,口径 6.1インチ (155mm) 以下の砲を積んだ軍艦を軽巡洋艦と規定した。旧日本海軍は,このような軽巡洋艦を2等巡洋艦と呼んだが,国によって重・軽巡洋艦の区別は異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐じゅんようかん〔‐ジユンヤウカン〕【軽巡洋艦】

小型の巡洋艦。基準排水量1万トン以下、主砲の口径15.2センチ(6インチ)以下のものをいう。軽巡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいじゅんようかん【軽巡洋艦】

小型の巡洋艦。1930年のロンドン軍縮条約で、備砲の口径15.5センチメートル 以下と定められたもの。軽巡。 → 重巡洋艦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の軽巡洋艦の言及

【巡洋艦】より

…第2次大戦前には巡戦の名は廃れ,高速戦艦に移行していった。一方,本来の任務に加えて艦隊決戦にも参加できるような高速で魚雷装備を強化した軽巡洋艦(軽巡,約3500~7500トン)が防護巡洋艦に代わって登場した。この型は第1次大戦前にイギリス,ドイツなどで多数建造され,タービン機関の採用,連装魚雷発射管の装備,偵察機の搭載などによって著しく高性能化された。…

※「軽巡洋艦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軽巡洋艦の関連キーワード神器 軍艦「橿原」殺人事件フォークランド諸島沖海戦ロンドン海軍軍縮会議インディペンデンスガダルカナルの戦いチャレンジャー号阿賀野型軽巡洋艦ユトランド沖海戦ペールギュント球磨型軽巡洋艦那珂型軽巡洋艦利根型重巡洋艦天竜型軽巡洋艦ジークフリート長良型軽巡洋艦グローリアスカレイジャス台湾沖航空戦ファルメル真珠湾攻撃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android