コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽気球 ケイキキュウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ききゅう〔‐キキウ〕【軽気球】

気球」の古い呼び方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいききゅう【軽気球】

水素・ヘリウムなど空気より軽いガスを入れ、空中高く昇るようにした球形の袋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の軽気球の言及

【気球】より

…機体の密度が空気の密度より小さく,空気の浮力を利用して空中に浮く軽航空機のうち,推進のための動力をもたないもの(動力をもつものは飛行船という)。軽気球ということもあり,また風に自由に流されることから風船とも呼ばれる。空気より軽い水素ガスやヘリウムガスを袋(気囊という)に詰めて浮かぶガス気球と,気囊内の空気をバーナーなどで熱して軽くして浮かぶ熱気球hot‐air‐balloonがある。…

※「軽気球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軽気球の関連キーワードヘス(Victor Francis Hess)島津 源蔵(2代目)島津源蔵(初代)ハーグ平和会議上原 六四郎アドバルーンデハビランドフウセンタケ山田 猪三郎山田猪三郎ガンベッタラボアジエ俗楽旋律考上原六四郎堀江 辰吉スペンサーヘリウム堀江辰吉島津源蔵ナダール

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android