コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迂回献金 うかいけんきん

2件 の用語解説(迂回献金の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

迂回献金

法で禁止された政治家個人に対する資金供与を、政党や政党の政治資金団体など第三者に迂回させて行う献金手法。2009年、民主党代表小沢一郎に対する西松建設からの巨額の献金に検察の捜査が及び、次期政権をうかがう民主党に痛打となった。
企業や業界団体などからの特定の政治家に対する献金は、政治資金規正法によって禁止されており、政党および政党の政治資金団体への献金に限られる。また公職選挙法により、公共工事を請け負う企業などはそもそも献金することができない。そこで、特定の政治家への献金を意図する企業や業界団体は、政党(およびその支部)や政治資金団体への献金の形を装う。またその際に、自身の名を隠してつくった偽装団体や下請け業者を経由するなどの方法がとられる。これらさまざまな手法を駆使して資金を迂回させ、法の網をかいくぐって特定の政治家に提供しようとする企てを迂回献金という。
公共工事を請け負う西松建設の場合は、名前を隠して献金するために、「社員有志による政治団体」をつくり、会費をとりあつめて政治家の資金管理団体に献金するという手法をとった。会費は実際には西松建設から支給されていた。このほかゼネコン各社による下請け業者名をかたった献金なども指摘されている。迂回献金はもとより脱法的な企図をもった行為である。にもかかわらず、日本歯科医師連盟による自民党石原伸晃や根本匠に対するものなど、従来から枚挙にいとまがない。今回も、小沢側は国策捜査であるなどと論難し、西松関係者は「会社の慣例としてやっただけで、違法とは思わなかった」と述べるなど、法の裏をかく行為が常態化していることは明らかであり、根深い問題点を抱えている。

(金谷俊秀 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うかい‐けんきん〔ウクワイ‐〕【×迂回献金】

企業や業界団体などが、政党やその政治資金団体を経由して政治家個人に献金すること。法律で禁止されている、企業・団体から政治家個人への献金の抜け道となっている。→政治献金

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迂回献金の関連キーワード重婚政治献金利益相反行為コール資金短期資金資金管理団体政治資金パーティー第2種住居地域寄付の禁止政治資金と政務調査費

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

迂回献金の関連情報