近接覚センサ(読み)きんせつかくセンサ(英語表記)proximity sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロボットハンドが,対象物体に数 mmから十数 cmまでに近づいた状態での,間隔距離と相対傾き角度,物体の表面特性などを検出するセンサ。単に近接センサともいい,触覚と視覚センサの中間的機能を持つセンサとして実用的に有用である。近接覚センサを検出原理によって分類すると,次のようになる。 (1) 光反射方式 (三角測量,位相変調法) 。 (2) 超音波反射時間方式。 (3) 電磁誘導方式 (渦電流法) 。 (4) 静電容量方式。 (5) 空気圧方式。ロボットハンド先端部に近接覚センサを取り付けて距離と傾きを測定し,ロボットアームにフィードバックすることにより,溶接線の追跡,塗装曲面の3次元ならい動作,あるいは障害物を避けながらの動作などが実行できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android