傾き(読み)カタムキ

  • かたぶき

デジタル大辞泉の解説

傾くこと。また、その度合い。傾斜。
物事が、とかくある方向に進もうとすること。傾向。気味。「親との同居を嫌う傾きがある」
数学で、直線の、高さと水平距離の比の値。直線の式yaxbaにあたる。勾配(こうばい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたぶくこと。かたむき。
かたむき(傾)に同じ。 読者をして、其陋劣なる事蹟をしも知るを嫌はしむる-あればなり/小説神髄 逍遥
勢いが衰えること。 ただ-になる我身かな/新撰六帖 6
かたむくこと。また、その度合。 屋根の-が急だ
物事がある方向に次第に変わっていくようす。傾向。 やすきにつく-がある
平面で直線が x 軸の正の方向となす角。その角を θ とするとき、tanθ をいう。方向係数。勾配。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傾きの言及

【一次関数】より

…この直線上の相異なる2点P=(x1,y1),Q=(x2,y2)を取ったとき,は点P,Qの取り方によらない。この値を直線の傾きという。直線とx軸との間の角をθ(0゜≦θ<90゜)とすれば,直線が右上がりのときはtanθ,右下がりのときは-tanθが傾きになる。…

【方向係数】より

…平行座標系の与えられた平面上にy軸に平行でない直線gがあるとき,原点Oを通ってgに平行な直線およびx軸上の単位点Iを通ってy軸に平行な直線をつくれば,これらの2直線は1点で交わり,この交点の座標は(1,m)の形となる。このmを直線gの方向係数,または傾きという(図1)。なお,y軸に平行な直線の方向係数は無限大と考える。…

※「傾き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾きの関連情報