コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返路利用

流通用語辞典の解説

返路利用

トラックなどで物品を発地点から指定された着地点に輸送する場合、その返路は荷台がカラになる場合が多い。そこで、返路においても十分な積載量を確保して、輸送の効率化をはかることを狙ったものが返路利用である。輸送手段が大型で輸送距離が長距離であるほど、この返路利用は効率的輸送体系のキー・ポイントとなる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone