コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

から カラ

デジタル大辞泉の解説

から[副・接頭]

[副](あとに否定的な表現を伴って用いる)まったく。まるっきり。「から意気地がない」「から役に立たない」
[接頭]名詞や形容動詞に付く。
まるっきり、まったく、の意を表す。「からっ」となることもある。「からばか」「からうそ」「からっ下手(ぺた)」
すっかり、すべて、の意を表す。「から一面」「から一散」

から[格助・接助・準体助]

[格助]名詞・活用語の連体形に付く。また上代では、助詞「が」「の」「のみ」にも付く。
動作・作用の起点を表す。
㋐空間的起点、出所を示す。「目から大粒の涙が落ちた」「本人から直接話を聞く」
「波の花沖―さきて散り来めり水の春とは風やなるらむ」〈古今・物名〉
㋑時間的起点を示す。「会議は午後1時から始める」「朝から強い風が吹いている」
「明けぬ―舟を引きつつのぼれども」〈土佐
経由する場所を表す。…を通って。…に沿って。「東京を出て、名古屋から京都へと向かう」
「人の親の娘子児(をとめこ)据ゑて守山辺(もるやまへ)―朝な朝(さ)な通ひし君が来ねば悲しも」〈・二三六〇〉
理由・原因・動機・根拠を表す。…のために。…によって。「操作ミスから事故が生じた」
「恋草を力車(ちからぐるま)に七車積みて恋ふらくわが心―」〈・六九四〉
材料、構成要素を表す。「米から酒ができる」「水は水素と酸素からなる」
動作・作用の開始順序や発端を示す。「先着の人から入場してください」
(多く下に副助詞「まで」を伴って)動作・作用の及ぶ範囲を表す。「朝早くから夜遅くまで働く」「すみからすみまで探す」
移動の手段・方法を表す。…によって。…で。
「訪(と)ふべき人、徒歩(かち)―あるまじきもあり」〈かげろふ・下〉
[補説]レジで、店員が「1万円からお預かりします」と言う場合がある。「1万円から代金を頂きます」の意であろうか。従来は「1万円(を)お預かりします」と言っていた。関西から始まったともいうが不詳。1990年ころから目立ってきた言い方である。
[接助]活用語の終止形に付く。
理由・原因を表す。「もう遅いから帰ろう」
「年号が変はった―、暦はもらはずはなるまい」〈咄・聞上手〉
(終助詞的に用いて)強い主張、決意を表す。ぞ。「思い知らせてやるから
[準体助]種々の語に付いて、それの付いた語句を全体として体言と同じはたらきをもつものにする。
以後、以上の意を表す。「5キロからの重さ」
…から始めて、…をはじめとして、の意を表す。→からにからはてからが
「鍋そのもの―が品よく出来上って居る」〈漱石虞美人草
[補説]「から」は本来「故」の意の体言であったとみられ、上代において助詞「が」「の」に付くのも、その要素が強いからという。1は平安時代以降の用法で、上代では「より」が受け持った。1の用法から転じたもので、近世後期以降みられるようになった。は近世前期からみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

から

[1] ( 副 )
(下に、否定的な意を表す語を伴って)まるで。全く。からきし。 「 -最う意気地が無えや/くれの廿八日 魯庵
( 接頭 )
名詞・形容動詞に付く。
否定的な意を表す語に付いて、まるっきり、全然などの意を表す。 「 -ばか」 「 -っ下手」
その状態がはなはだしいこと、すっかりその状態になっていることの意を表す。 「 -一面」

から

〔「から(柄)」という名詞が抽象化されて、動作・作用の経由地を表すようになったといわれる。上代から用いられているが、起点・原因を表すようになるのは中古以降の用法〕
( 格助 )
体言および体言に相当するものに付く。
出発する位置を表す。
時間的・空間的な起点。 「あした-休みになる」 「山-日がのぼる」
論理の起点・根拠。 「今年の実績-ボーナスの額を決める」
「…から…へ」の形で慣用的に用いる。 「花-花へと、蝶が飛び回っている」 「次-次へ能書きを並べる」
通過する位置を表す。 「窓-日がさしこむ」 「ほととぎす卯の花辺-鳴きて越え来ぬ/万葉集 1945
範囲を表す。「…から…まで」の形をとることが多い。 「小学校-大学まで首席で通した」 「何-何までお世話になりました」
理由・原因・動機などを表す。「からすると」「ところから」「の上から」など慣用的に用いることがある。 「経営不振-、工場が閉鎖された」 「寒さの折-お体大切に」 「現状-すると、円高傾向は今後も避けられまい」 「ながしとも思ひぞはてぬ昔よりあふ人-の秋の夜なれば/古今 恋三
動作・作用の出どころを表す。 「君-聞いた話」 「おやじ-おこられた」
材料・構成要素を表す。 「酒は米-作る」 「議会は衆参二院-成る」
おおよその数量を示す。数量を示す語に付く。 「千人-の人出」
一つの事例をあげて、全体を強めていう。…をはじめとして。「からして」の形で用いられることもある。 「名人の演奏になると、音-違ってくる」 「先生-してそんなことでは、生徒に対してしめしがつかない」
手段・方法を表す。…によって。…で。 「徒歩かち-まかりていひ慰め侍らむ/落窪 1
( 準体助 )
からの転用で、近世後期以降の用法〕 いろいろの語に付いて、それの付いた語句を全体として体言と同じ働きをもつものにする。「以後」「以上」「故ゆえ」などの意を表す。 「 10キログラム-の重さ」 「こうなった-は一歩もひかない」 「向こうに着いて-が心配だ」 「僕のやり方がまずかった-のことだ」
( 接助 )
活用する語の終止形(古語では連体形)に付く。 の用法から出たもので、中古以降のもの。古語では「からに」の形をとることが多い。
原因・理由を表す。
前件を受けて、後件に話し手の断言・命令・意志など主観性の強い表現がくることが多い。 「ほしい-買ったんだ」 「むずかしい-できっこないよ」
「からだ」「からです」などの形で、強く述べる。 「成績があがらないのは、勉強しない-だ」
「からといって(からって)」の形で、理由・原因に対する帰結・結果を暗示させる。 「寒い-といって、寝ぼうするやつがあるか」
「からには」「からは」の形で、「…する以上は」の意を表す。 「決心した-には、やり通すぞ」 「やる-には立派になしとげなさい」
「てから」「てからが」の形で逆接の意を表す。…したところで。 「文句ばかり言って-が、何にもできないくせに」 → てからてからが
「てからに」の形で順接の意で用いる。…たりして。 → てからに
二つの事柄が必然的に結ばれており、それらが相続いて発生するという意を表す。「からに」の形をとる。
「…だけの理由で」「…ばかりで」の意。 「見る-に強そうな人」 「初春の初子の今日の玉箒たまばはき手に取る-に揺らく玉の緒/万葉集 4493
「…するとすぐ」「…するやいなや」「…とともに」の意。 「吹く-に秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ/古今 秋下」 〔 の用法は、理由・原因を表す接続助詞「ので」との間にすこし差異がある。特に は「から」だけに見られるもの〕 → ので(接助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

からの関連キーワード身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり道は小成に隠れ言は栄華に隠る縦から見ても横から見ても頭の天辺から足の爪先まで牛は願いから鼻を通すエミリオ コロンボ自ら卑うすれば尚しピンからキリまで楽屋から火を出す根っから葉っから只取り山の時鳥ジャパゆきさん一から十まで寄付優遇税制かんらかんらであるから出願の変更炭化水素基藁の上から鶯の谷渡り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からの関連情報