コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送り三重 オクリサンジュウ

2件 の用語解説(送り三重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おくり‐さんじゅう〔‐サンヂユウ〕【送り三重】

歌舞伎下座(げざ)音楽の一。主な役者が愁嘆の思い入れ花道引っ込むときの三味線の曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おくりさんじゅう【送り三重】

歌舞伎の下座音楽の一。主役が愁いにしずんで花道を引っ込む時、愁い三重さんじゆうに続いて、足取りが次第に早まるのに合わせて奏する三味線の囃子はやし。 → 愁い三重

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の送り三重の言及

【歌舞伎】より

… 愁三重(うれいさんじゆう)幕外の引込みで人物の愁いを含む思入れを強調する,三味線の独奏による旋律型。あとは〈送り三重〉に転じて早間となり,人物は花道を入る。 風音(かざおと)人物の出入り,探り合い,立回りなどに,風が物に当たる音を大太鼓によって表す囃子。…

※「送り三重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

送り三重の関連キーワード踊り地歌舞伎唄下座唄下座台晒の合方奏楽遠寄せ薄どろ懺悔懺悔浜歌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone