コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送り三重 オクリサンジュウ

大辞林 第三版の解説

おくりさんじゅう【送り三重】

歌舞伎の下座音楽の一。主役が愁いにしずんで花道を引っ込む時、愁い三重さんじゆうに続いて、足取りが次第に早まるのに合わせて奏する三味線の囃子はやし。 → 愁い三重

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の送り三重の言及

【歌舞伎】より

… 愁三重(うれいさんじゆう)幕外の引込みで人物の愁いを含む思入れを強調する,三味線の独奏による旋律型。あとは〈送り三重〉に転じて早間となり,人物は花道を入る。 風音(かざおと)人物の出入り,探り合い,立回りなどに,風が物に当たる音を大太鼓によって表す囃子。…

※「送り三重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

送り三重の関連キーワード愁い三重愁三重三重

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android