コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花道 はなみち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花道
はなみち

歌舞伎舞台の特殊な機構の一つ。舞台に向って左のほう (下手) に客席を貫いて舞台と直交して設けられている,俳優が出入りする通路。長さは劇場によって違いがあるが,幅は約 1.5m。花道の効用は,舞台上とは別の場面を花道上に設定できることで,演出上重要である。贔屓 (ひいき) から俳優への贈り物 (はな) をするための道というところから名づけられたといわれ,それが発達して能舞台の橋懸りと同じような役目をもつにいたった。現在のような形となったのは,おおむね元文5 (1740) 年頃以降といわれる。現在は下手に常設 (本花道) されるほか,上手寄りに仮設されることもあり,これを仮花道または東の歩みという。江戸時代中期から末期にかけてはこの両花道は常備されていたが,近代以後仮花道は必要な場合にだけ設けられるようになった。花道の全体のうち揚幕から七分,舞台から三分ぐらいの位置を七三 (しちさん) という。この七三で主たる役は登場,退場にあたって必ずなんらかの演技を示す。これを七三の演技という。この位置には床を四角に切抜いて,奈落から上下できるような機構がある。これを「切り穴」または「すっぽん」という。また相撲場で,力士が土俵に出入りする通路も花道という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はな‐みち【花道】

歌舞伎劇場の舞台設備の一。観客席を縦に貫いて舞台に至る、俳優の出入りする道。寛文(1661~1673)ごろ発生し、元文(1736~1741)ごろ完成した。下手にある常設のものを本花道、上手に仮設されるものを仮花道とよぶ。もとは役者に花(祝儀)を贈るための通路であったという。
《平安時代、相撲(すまい)の節(せち)で力士が花をつけて入場したところから》相撲場で、力士が支度部屋から土俵に出入りする通路。「東西の花道
世の注目や称賛が一身に集まる華やかな場面。特に、人に惜しまれて引退する時。「引退の花道を飾る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花道【かどう】

いけばな

花道【はなみち】

歌舞伎の舞台設備。舞台と同じ高さで,向かって左側寄りの観客席を縦断する道。俳優がここから出入りするほか,しばしば重要な演技を行う。名称の起りについては諸説があるが,いずれも根拠に乏しい。
→関連項目切穴劇場つらね六方

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

花道

下手から客席を縦断して後方に通ずる通路。“出”や“引っ込み”の演技が行われるほか、川や空中、遠方などを表現する場にもなる。花道の突き当たり、役者が出入りする枠の幕が揚幕(あげまく)。舞台寄り三分(揚幕から七分)の位置を七三、七三にある妖怪、幽霊、忍術使いなどが出入りするセリをすっぽんという。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

タレントデータバンクの解説

花道


芸名
花道

性別
男性

生年月日
2005/06/17

星座
ふたご座

干支
酉年

身長
135cm

靴のサイズ
22cm

職種
モデル

好きなスポーツ
サッカー/縄跳び

趣味・特技
サッカー/縄跳び

プロフィール
モデルとしてスチール、CMなので活動。主な出演作品は、CM『トヨタホーム「家族の一員」』『富士通「子供誕生日」』など。特技はサッカー、縄跳び。これからの活躍が期待される。

代表作品
CM『トヨタホーム「家族の一員」』 / CM『富士通「子供誕生日」』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かどう【花道】

江戸時代から使われていたいけばなの総称で,様式語としての立花(りつか),抛入(なげいれ)花などのすべてを含む。華道とも書く。芸道における〈道〉の意識の成立は中世以来のものであるが,秘伝奥儀などを習得するための修練を強調する求道的精神から歌道,茶道,香道などと等しく造語されたもの。その初見は1688年(元禄1)刊行の桑原冨春軒の《立華時勢粧(りつかいまようすがた)》に,〈花道を鍛練して〉とか〈花道の奥儀〉〈花道第一の秘儀〉などとして使われ,また編者不明だが,1717年(享保2)刊の立華と生花(いけはな)の書は《華道全書》という題名がつけられている。

はなみち【花道】

歌舞伎の舞台機構の一。舞台に向かって左手の位置に,舞台と同じ高さで,客席の後方にまっすぐ貫いてのびている通路。原則として,舞台で起こる事件に重要なかかわりをもつ人物の登・退場に用いる。花道の名称の由来については定説がないが,ただ,花の役者の通り道とか,役者が花を飾って(美しく装って)出てくる道からといった説が妥当かと思われる。歌舞伎の舞台は17世紀後半,舞台面積の拡大に伴って橋掛りも拡幅された。その結果,歌舞伎は出端(では)(登場)の芸を生かすための新しい空間を客席に求め,付け橋掛り(舞台から客席の奥へと仮設された橋掛り)や付け舞台(舞台前面に,舞台から隔てて仮設された横長の台)を設けた経験をもとに花道を設置した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなみち【花道】

歌舞伎の劇場で、観客席を貫いて舞台に連なる道。俳優が舞台にかかる通路であり、また舞台の一部として使用される。下手しもて寄りの常設のものを本花道、上手かみて寄りに設けるものは現在は仮設で、仮花道という。 〔もと、客が俳優に花(=祝儀)を持っていくために設けられたことからの名という〕 → 七三しちさん
相撲で、力士が支度部屋から土俵に出入りするための通路。 〔平安時代、相撲すまいの節せちに花をつけて入場したところからの名という〕
最後にはなばなしく活躍する場面や時期。また、人に惜しまれて引退する時期。 「引退の-を飾る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の花道の言及

【いけばな】より

…自然の植物を対象素材として,〈挿す〉〈立てる〉〈生ける〉などの作業によって器とともに組みたてられ,日本人の生活空間に自然と人間とをつなぐきずなとして成立し,発展をつづけてきた伝統芸術。花道と総称されたこともあったが,現在では〈いけばな〉の呼称が一般化され,国際的にもイケバナで通用している。
[いけばな成立以前]
 植物としての花の生命力に神の存在を見ようとする素朴なアニミズムを基盤として,民俗学の資料などに見る依代(よりしろ)としての花が,まず日本人と植物とのあいだに成立する。…

【歌舞伎】より

…見物席と舞台との全体を覆う,いわゆる全蓋式(ぜんがいしき)の劇場が許可されたのは1718年(享保3)からのことである。 舞台機構で注目すべき特色は,花道と回り舞台を備えていることである。花道は,初期歌舞伎が襲用した能舞台における橋掛りの〈道としての機能〉が,舞台全体の拡張の中で失われていったのに代わり,見物席を貫通する形で出現したものであり,はじめは仮設のものだったらしいが,享保期には常設の機構として確立している。…

【舞台】より

…また,すでに早く1761年には能舞台の遺存であった本舞台の屋根をはずし,明和・安永・天明期(1764‐89)になると目付柱の処理にも改革が試みられた。客席を通って揚幕へ通じる花道の発生は,寛文(1661‐73)ごろといわれるが,これが常設の設備となったのは元禄(1688‐1704)以降のことである。中村・市村・森田(守田)の江戸三座は,しばしば焼失して改・新築をくりかえしているが,天明・寛政(1781‐1801)のころの舞台の大きさは,6~7間の間口が普通で,いわゆる〈本舞台三間〉といわれたころに比べてかなり拡張している。…

※「花道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花道の関連キーワード向こう揚げ幕・向こう揚幕すっぽん(歌舞伎用語)中山 文甫(初代)近衛家熙・近衛家煕花道(歌舞伎)今井ひかる芸表・藝表重森 三玲岡田美津枝花道つらね斉藤美菜子水奈月順子ランウエー西堀 一三下田 天映安達 曈子芸裏・藝裏富田玲奈池坊専明褒め言葉

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花道の関連情報