コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆伝搬法 ぎゃくでんぱんほうback propagation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆伝搬法
ぎゃくでんぱんほう
back propagation

多層の神経回路網 (ニューラルネットワーク) モデルに対する学習法の一つ。学習プロセスで,与えられた入力に対する結論としての出力を評価し,正しい出力になるよう,各層間の重み関数を修正していく代表的な方法。バックプロパゲーション,誤差逆伝搬学習法ともいう。ある入力に対して得られた出力と目的とする出力の誤差の2乗を取り,出力に近い層からこの差をゼロに近づけるような修正を行なっていく方法である。ロボットにおけるニューラルネットワーク応用としては,対象物体の認識のほか,多自由度アームのモデルを構築して軌道制御の精度を上げる手段,硬い物体から軟らかい物体まで適切につかめるようなハンド制御などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android