コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途絶え/跡絶え トダエ

デジタル大辞泉の解説

と‐だえ【途絶え/跡絶え】

途中で切れて、続かなくなること。
行き来がなくなること。男女の間が疎遠になること。
「かれがれに―おかむ折こそは、さやうに思ひ変はることもあらめ」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

途絶え/跡絶えの関連キーワード火の笛 祇園祭絵巻火星フォボス探査機途切れ・跡切れ九十九里漁船新山田穂1号南部先陣駒山舟生和紙上総獅子頭食料自給力柳久保小麦家賃保険離れ離れ脈がない南部姫毬石炭人形自性寺焼島原木綿長刀会釈老後保障但馬強力

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android