コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通道組織 つうどうそしき

大辞林 第三版の解説

つうどうそしき【通道組織】

植物の水分や養分の通路となる組織。木部と師部からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通道組織
つうどうそしき

植物体において、水や無機養分の輸送路となる仮道管または道管を含む木部と、光合成産物などの代謝物質の輸送路となる篩(し)細胞または篩管を含む篩部との維管束組織をいう。かつては乳管などの組織も含められて定義されたが、最近では、乳管は分泌組織として区分されるため、通道組織は維管束組織と同義に使われる。[西野栄正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

通道組織の関連キーワードライニー植物群組織(生物)ウロコゴケ永久組織細胞間隙水生植物移入組織リニア類茎葉植物葉状植物寄生根古生物中心柱コルク維管束寄生植物挿木樹皮胚軸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android