コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳管 ニュウカン

2件 の用語解説(乳管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐かん〔‐クワン〕【乳管】

植物の、乳液を分泌する細胞が集まってできている管。タンポポ・ケシなどにみられる。
哺乳類の乳腺の各小葉から出て乳頭に開口する管。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乳管の言及

【分泌】より

…また,葉にあって排水作用,すなわち水を体外に排出する働きをもつ水孔もある。内部分泌組織にはいろいろな物質を蓄える働きをするさまざまな分泌細胞と,細胞がこわれたり細胞間が離れてできた細胞間隙(かんげき)に分泌物が蓄えられる分泌孔あるいは分泌管があり,乳液を蓄える乳細胞や乳管,そして粘液道もその例である。分泌組織には虫を捕らえる食虫植物の分泌毛など,その機能の明らかなものもあるが,一般的には機能についてわからないものも多い。…

※「乳管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳管の関連情報