通電火災(読み)つうでんかさい

知恵蔵mini「通電火災」の解説

通電火災

地震などの災害時に起きた停電が解消し、通電が再開された際に発生する火災。電熱器具の発熱部分が地震の揺れで可燃物に接触したまま再度通電することで発火するケースや、傷んだ電気配線がショートして発火するケースなどがある。住民が避難して無人になった一帯で通電火災が起こると初期消火が遅れ、短時間で火災が拡大する恐れがある。消防庁などは通電火災を防ぐため、自宅から避難する際はブレーカーを落とすよう注意喚起している。

(2018-9-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「通電火災」の解説

つうでん‐かさい〔‐クワサイ〕【通電火災】

大規模な地震などに伴う停電が復旧する際に発生する火災。破損した電化製品や電気配線が通電時に発火することなどが原因

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android