造精器・蔵精器(読み)ぞうせいき

大辞林 第三版の解説

ぞうせいき【造精器・蔵精器】

車軸藻類・コケ植物・シダ植物の雄性生殖器官。精子をつくる。 → 造卵器

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞうせい‐き ザウセイ‥【造精器・蔵精器】

〘名〙 コケ植物とシダ植物の配偶体に生ずる雄性生殖器官。袋状の膜につつまれており、成熟すると裂開し、中から多数の精子が放出される。シャジクソウ植物にもみられる。→造卵器

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android