過振(読み)かぶり(英語表記)overdraft

翻訳|overdraft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過振
かぶり
overdraft

金融用語で,当座預金の取引先が当座預金残高当座貸越契約の貸越極度額をこえて小切手を振出すこと。また金融機関ではこのような小切手を金融機関の資金で一時立替払いすることをいう (一時当座貸越,一時過振と呼ぶ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かぶり【過振】

当座勘定契約を結んだ取引者が、当座預金残高または当座貸越限度額以上に小切手や手形を振り出すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ぶり クヮ‥【過振】

〘名〙 当座預金残額または当座貸越限度額をこえて小切手を振り出すこと。〔模範新語通語大辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の過振の言及

【当座貸越し】より

…金融機関と当座預金者との間であらかじめ当座貸越契約を結び,当座預金者が当座預金残高を超過して振り出した手形・小切手を,一定限度額までは金融機関が自己資金で支払うことによって行う貸出しのこと。オーバードラフト,過振ともいう。日々の当座預金の支払と入金を通じて,貸出しの実行と回収が行われることに特徴がある。…

※「過振」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android