コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当座貸越し とうざかしこし

百科事典マイペディアの解説

当座貸越し【とうざかしこし】

オーバードラフトoverdraftとも。銀行融資の一種で,銀行が当座預金をもつ取引先に対して一定限度まで預金残高以上の小切手手形の振出しを認めること。銀行が取引先を信用して一時的な便宜を図ろうというもので,あらかじめ預金者と貸越契約を結ぶ。
→関連項目根抵当

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうざかしこし【当座貸越し】

金融機関と当座預金者との間であらかじめ当座貸越契約を結び,当座預金者が当座預金残高を超過して振り出した手形・小切手を,一定限度額までは金融機関が自己資金で支払うことによって行う貸出しのこと。オーバードラフト過振ともいう。日々の当座預金の支払と入金を通じて,貸出しの実行と回収が行われることに特徴がある。 当座貸越しは,当座貸越契約を結んでおけば一定限度までは期間に関係なくいつでも資金を利用できるので,利用者にとっては非常に便利な制度であるが,一方金融機関にとっては,常時支払資金の準備を必要とするなど,資金負担や管理の面で難しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の当座貸越しの言及

【貸出し】より

…銀行が信用を供与する業務(与信業務)の総称。具体的には,銀行法上の勘定科目による分類では手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し,手形割引,コール・ローン(コール市場),支払承諾,貸付有価証券をさす。一般には,このうちの手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し,手形割引の四つを貸出しという。…

※「当座貸越し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android