コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過減衰(読み)かげんすい(英語表記)overdamping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過減衰
かげんすい
overdamping

減衰振動において,制動が小さいならば平衡位置を繰返し通過して振動するが,制動がある臨界値以上に大きくなると,平衡位置をまったく越えないか,1回だけ通過するだけで,ゆるやかに平衡位置に近づく。これを過減衰または過制動という。制動が臨界値の場合を臨界減衰または臨界制動という。平衡位置に近づくのに要する時間は制動が臨界値の場合に最も短いので,動指針型の計器やドアの上に取付ける自動シャッタはちょうど臨界減衰になるように制動の強さが調整されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android