制動(読み)せいどう(英語表記)damping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制動
せいどう
damping

運動や振動に逆らう抵抗力を作用させて,それらを減衰させること。制動に用いられる素子には,摩擦力を利用した自動車や自転車のブレーキ,狭いすきまを通る流体の粘性力を利用したダッシュポット,空気を流出入させる空気制動子,渦電流を利用した電磁ブレーキなどがある。振動の制動を特に制振ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐どう【制動】

[名](スル)運動を急に止めたり、速力を落としたりすること。ブレーキをかけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいどう【制動 damping】

回転または直線運動をする物体に対し,目的に沿った運動,例えば短時間の停止,一定速度への制御,入力の変化に対する速やかな応答などをさせる場合,物体の慣性,外乱などのため,振動,行過ぎなど望ましくない運動を生ずる。これを抑制することを制動といい,制動装置により制動トルクまたは制動力を加えて運動を調節する。 計器の場合には,渦電流による電磁制動,空気の抵抗による空気制動,液体の粘性による液体制動などを用い,指示が速やかに落ち着くように調節する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいどう【制動】

( 名 ) スル
運動体を止めること。ブレーキをかけること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐どう【制動】

〘名〙 運動を制し止めること。また、速力を落とすこと。ブレーキ。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
※荷風の生涯と芸術(1956)〈中村真一郎〉八「彼はここでまた自分の中の小説家に制動をかける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

制動の関連情報