コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道の幾何学 みちのきかがくgeometry of paths

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道の幾何学
みちのきかがく
geometry of paths

リーマン空間の測地線の概念を拡張して得られるある型の2階の常微分方程式の解である曲線群を道と名づけ,道の性質を研究する幾何学を「道の幾何学」と呼ぶ。アメリカの L.アイゼンハルト (1876~1965) と O.ベブレン (1880~1960) が 1922年に始めたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

道の幾何学の関連キーワードL. アイゼンハート

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android