コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道七 どうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道七 どうしち

?-? 織豊時代の茶人。
山上宗二(やまのうえ-そうじ)の子。堺の人。徳川家康茶頭(さどう),のち藤堂高虎につかえたという。「利休百会記」の天正(てんしょう)18年(1590)11月9日の記事に名がみえる。号は凡斎。伊勢屋道七とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道七の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地三重県南牟婁郡御浜町サイボーグかおり中島(石川県)切り穴・切穴歌舞伎の用語石川県七尾市能登食祭市場山上宗二記ジャガイモ大名飛脚のとじま真脇遺跡岡田夢以すっぽん長尾為景隠岐諸島山上宗二平田友子七尾市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道七の関連情報