コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道七 どうしち

1件 の用語解説(道七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道七 どうしち

?-? 織豊時代の茶人。
山上宗二(やまのうえ-そうじ)の子。堺の人。徳川家康の茶頭(さどう),のち藤堂高虎につかえたという。「利休百会記」の天正(てんしょう)18年(1590)11月9日の記事に名がみえる。号は凡斎。伊勢屋道七とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道七の関連キーワード織豊時代山上宗二天野屋宗也石橋良叱重宗甫太子屋宗高津田隼人万江宗程古市左馬助山本道勺

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道七の関連情報