道嶋御楯(読み)みちしまの みたて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道嶋御楯 みちしまの-みたて

?-? 奈良-平安時代前期の武人。
延暦(えんりゃく)8年(789)征東将紀古佐美(きの-こさみ)の指揮下ではたらき,のち征夷大将軍坂上田村麻呂の軍に参加し,23年征夷副将軍。大同(だいどう)3年陸奥(むつ)鎮守副将軍となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android