コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道形 ミチナリ

デジタル大辞泉の解説

みち‐なり【道形】

道路のまま。道筋に従うこと。「道形に進む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちなり【道形】

〔途中にある角を曲がらないで〕
道路の自然なカーブに沿って行くこと。 「 -に行く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道形の関連キーワード外耳道閉鎖症根岸 信五郎星野 仙蔵根岸信五郎高野佐三郎パコミウス尿道下裂松岡孝紀報道協定流言飛語度会行忠百丈清規内藤高治外耳奇形浅野一摩星野仙蔵中山博道栄井道形カーブ居合術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android