コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠赤外の

栄養・生化学辞典の解説

遠赤外の

 赤外領域(波長0.76〜1000μm)のうち,通常25μm以上の長波長のものをいう.一方可視領域に近いものを近赤外(near infrared)という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

遠赤外のの関連キーワード分子スペクトル赤外線天文学

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android