コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠赤外の

栄養・生化学辞典の解説

遠赤外の

 赤外領域(波長0.76〜1000μm)のうち,通常25μm以上の長波長のものをいう.一方可視領域に近いものを近赤外(near infrared)という.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

遠赤外のの関連キーワード分子スペクトル赤外線天文学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android